産総研トップへ

ホーム > 研究者の声 > 研究者の声(蛇石 宰)

研究者の声

対応スタッフ

蛇石 宰(へびいし つかさ)
所属 : エネルギーネットワークチーム テクニカルスタッフ
支援企業 : アサヒ電子株式会社様

Q1.支援先企業への貢献

どのような側面でFREAが、地域の支援先企業のお役に立てたと感じますか?
製品の動作確認と、比較検証ができる環境を提供できた点について、支援できたように思います。FREAには多種モジュールが設置されており、それぞれに対し動作確認を行うことが可能です。このように1つの発電施設内で多種モジュールを利用した比較検証ができる場所は少ないため、上手く活用して頂ければ有益なデータが取れると思います。

Q2.参加のメリット

実用化に近い企業の開発に協力することで、スタッフとしてプラスになる面はありますか?
とてもプラスになりました。
評価試験前の準備として、関連技術についての様々な文献をあたる必要がありましたし、実証現場を見て初めて気付くことも多かったですね。「実用化」という課題から見える視点は、研究においても価値のあるものだと感じます。

Q3.周辺地域や支援先企業の印象、交流の可能性

FREAが、周辺地域やそこに所在する企業とさらに交流・連携していく可能性はありそうですか?
技術や製品は持っていても、再生可能エネルギー事業への売り込み要素として、もっと説得力が欲しいと考えている企業様は少なくないと思います。自社での実証が難しいものや、実際の発電施設で運用してみたい試作品などあれば、ぜひシーズ支援プログラムを活用して頂きたいですね。我々も技術評価の面でご協力できれば幸いです。ご応募お待ちしております。

Q4.これから応募してみようと思う会社の方へのアドバイス

企業側がどのように準備してくださると、スタッフとして対応しやすいですか?
まずは製品(試作品を含む)を準備して頂きたいですね。また、ある程度の測定要望を挙げて頂けると対応しやすいです。評価方法は協議により決めることになりますが、シーズ期間は限られているため、目的や方向性を絞った方が良い評価ができると思います。

対応スタッフ : 蛇石 宰

PAGE TOP